Mi Base

営業マンとして日々奔走している普通のサラリーマン。ガジェット類を多用して、仕事の効率化を図ります。

低電力モードの効果

 

こんにちは。iro96です。このブログでは、営業として仕事をするときにどのようにiPhoneを活用しているのかや、おすすめの製品を紹介していきます。

 

f:id:iro96:20200630233510j:image

 

仕事中、使えば使うほど減っていくバッテリー。

少しでも長持ちさせたいですよね。

iPhoneには低電力モードという機能があります。

これを使うとどのくらい効果があるのか。

それを検証していきます。

 

低電力モードとは

  • メールの取得
  • Hey Siri
  • Appのバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • 自動ロック(30秒)
  • iCloud写真(一時的に停止)

これらの機能が制限されます。

Appleのサポートページにも書かれていますし、この機能を使うことでバッテリーが長持ちするそうです。

https://support.apple.com/ja-jp/HT205234

 

検証の条件
  • 画面の明るさは最大。
  • 待機アプリはなし。
  • 使用アプリはYouTube
  • 動画を30分視聴。
  • ボリュームは1
  • 画面を縦にした状態で視聴。
  • Wi-Fiに接続

この条件で100%から何%まで減ったかを検証していきます。

実際仕事中にYouTubeを30分も見ることはないと思いますが、同じ仕事でも毎日違った動きをするので、今回はこの条件で検証します。

 

検証1 通常モード

通常モードで検証します。

9:30に視聴スタート

f:id:iro96:20200630231902j:image
f:id:iro96:20200630231856j:image

 

30分経ちました。

f:id:iro96:20200630231924j:image

10:02の段階で90%

f:id:iro96:20200630231945j:image

通常モードでは、この条件で10%も減ります。

思ったよりも減ります。

 

画面の明るさとボリュームはご覧の通り。

f:id:iro96:20200630232041p:image

スクショを忘れたので、時間が検証後です…

 

検証2 低電力モード

充電して、10:47に低電力モードで検証スタート

f:id:iro96:20200630232941j:image

30分経ちました。

f:id:iro96:20200630233050j:image

11:18 92%です。

f:id:iro96:20200630233110j:image

低電力モードでは8%減りました。

やはり動画視聴はバッテリー消費が大きい・・・

 

画面の明るさ、ボリュームはご覧の通り

f:id:iro96:20200630233213p:image

 

まとめ

結果をまとめます。

通常モード:10%

低電力モード:8%

30分の動画視聴で2%の差です。

これが1日のバッテリー消費に影響を与えるとなると、大きな差になってくると考えられます。

 

低電力モードで制限される機能は前述したとおりです。

iPhoneを使用するにあたって、大きな影響はありませんよね?

日中のバッテリー消費を抑えたいときはぜひ活用しましょう!